マンション買取で成功するならまずは不動産査定から

お手持ちの物件を売却したいとお考えのオーナー様は是非一度一括査定を体験してみてください

不動産買取で一戸建からマンションまでスムーズに取引する方法

家を売るときの心構え

不動産オーナーとして家を売るとき、心構えとして覚えておいていただきたいことがいくつかあります。

まずは、お客様は自分ではなく買主であるということです。

買取を選ぶ場合、相手は不動産会社となりますのでこの点は特に気にしないかもしれません。
しかし、仲介での売却の場合は異なります。

通常、仲介を介しての売却を行う場合、オーナーにとって不動産会社とのやり取りのがメインになります。
不動産オーナーは不動産会社にとってお客様ですから、オーナーにお客様として対応します。

そうしたやり取りの中でつい自身がお客様という意識になり売主であるという自覚が薄れてしまう、
または最初から持っていないというオーナー様もいらっしゃるようです。

しかし、自分は売主であるという心構えを持つことは家を売却する際に大変重要になってきます。

家を買うということは人生の中でも一大イベント。買主は真剣です。売主の態度もしっかり見ています。

家を買うということは人生の中でも最も大きな決断の1つです。
金額もかなり高額ですから、買主は真剣に家を選びます。

なので、売主の対応があまり印象でなかった場合など、
少しの不安要素があれば気に入った物件でも購入を控えるということももちろんあり得ます。

そうしたせっかくのチャンスを逃さないためにも、家を売ると決めたら自分は売主であるという自覚を
持つことが必要なのです。

ポイント1:内覧希望のアポイントを逃さない
売却したい家内覧希望の依頼があった時はできるだけと言わず、
全て受け入れるつもりで予定を調整することも大切です。
その日はちょっと…などと言っていては、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

ポイント2:内覧希望者はあなたにとってのお客様の意識
買主候補である内覧者は、物件と同時にその物件の住人、つまり売主も見ています。
ここで、売主がお客様のようにふるまったり、物件の説明がおざなりになっていては、
内覧者への心証はどうなるでしょうか?

せっかく物件を気に入って実際に足を運んで見に来てくれた「お客様」なのですから、
売主は家を売る営業マンとして、
その家の良さをお客様に売り込んでいかなければなりません。

ポイント3:自分の物件の説明を用意しておく
ポイント2と共通する内容となりますが、売主は物件を売る営業マンに徹する気持ちが必要です。
優秀な営業マンは売る商品を熟知し、その商品の最高のプレゼンテーションができなければなりません。
立地や間取り、いかにその物件を大切にしながら暮らしてきたかを
きちんと魅力的に説明できるようにあらかじめ準備しておきましょう。
また、説明の際になぜこの物件を売却しなければならなくなったかも説明しておかなければなりません。
買主は売主が家を売る理由が分からないと、その家に何か問題があるのではないかと不安になります。
その不安を払しょくしてもらわなければ売買は成功しません。
なので、この点も忘れずに話しておくことが必要です。

ポイント4:価格比較で損をしないようにするく
いくらいい物件を持っていたとしても、その買取をしてもらう業者に買値を叩かれてしまえば意味がありません。
売却の段階で損をしないためには、まず市場調査をする必要があります。
市場調査と同じくらい、ネット上での調査も大事になります。
どのような不動産が求められていて、どのようなユーザ層が熱いのかなどは現場とネットの両方での
評価などを知ることでよりリアルな状況を知ることが出来ます。
その上でマンション売却の価格比較サイトをチェックすれば、
多くの情報に惑わされることなく妥当な相場を知ることができ、自分の売りたい価格と比べる事ができます。
特にマンション売却に関しては立地が良くても時期や流行によっては値段の変更が見られることがあるので
価格比較をその都度参考にする必要があります。